ごあいさつ

きゃべつ畑ホームページをご覧下さり、ありがとうございます。
当店は滋賀県彦根市の城下町にあり平成5年にオープンしました。
前身は「あぷりこっとじゃむ」という喫茶、軽食のお店で、昭和57年創業。お店の近くには滋賀大学があり、以前は大きな紡績工場が3つもあり、下宿屋や銭湯も多くありました。コンビニや携帯電話も無い時代でしたので店内は学生さんや紡績工場に勤める女工さんで賑わい、早朝7時から深夜まで営業していました。しかし紡績工場の閉鎖や少子化、ファーストフードの台頭の中、経営も苦境が続きました。そして、自身の結婚を機に心機一転。学生さんはもちろん、小さなお子さんからご年配まで地域の皆さんに愛されるスローフード店を目指して「お好み焼き専門店」として店舗も移転し「きゃべつ畑」として再スタート。時代の移ろいと共に「食の安全」に関心が高まる中、地域の繋がりや、ご縁で滋賀の食材が集まるようになり、滋賀県主催の「おいしが、うれしが」推進店の認定を頂けるまでになりました。真面目な食材はコストが高く、小さな店で経営も厳しい状態が続いていますが大きくする事もせず、自分の手で出来る範囲でお客様に「おいしい!」と言ってもらえる、お好み焼きをこの小さな店でこれからも出来る事ならこの場所で生きている限り続けて行く事が私の大きな願いです。                               店主 矢羽野 利彦